よくある質問(工芸高校について)

工芸高校の進路状況は?

本校卒業生の進路希望は近年、就職志望者20%、専門学校への進学志望者25%、大学への進学志望者55%です。就職先は本校の専門学習を活かした企業が90%を占め、就職内定率は100%です。専門学校への進学志望者の現役合格率は100%です。大学への進路希望者の現役合格率は90%で、合格者の80%が本校の専門教育に関連した学部・学科に進んでいます。なお、卒業時の進路未定者は約10%です。この数字は、普通高校における15~40%と比較すると低く、本校は進路未定者が少ない学校といえます。
(図をクリックすると、別のウインドウが開いて大きな画像でご覧になれます)

工芸高校について

工芸高校が入学志望生徒に求めることは?

美術系の高校は、実技試験として「デッサンや水彩画など」を行い入学前から「表現力・実技力」を求める学校があります。工芸高校は、実技試験の替りに「作文」を課題としています。よって、本校は、「表現力・実技力」を入学後に身に付けてもらうこととなりますが、本校は作品制作を目的にするのではなく、作品のコンセプトや友達などからの評価を生かし完成度の高い作品を作りあげることに目標を置いています。

学科について 工芸高校について

工芸高校についてのよくある質問は?

工芸高校についてのよくある質問の答え

工芸高校について

質問テスト

答え

工芸高校について
先頭に戻る